ナガ族。特大スカルネックレス 0101-TG89

ナガ族がきっかけだったわけではないのですが、スカルやら牙、爪などには弱いです。

これも強烈なインパクトがあります。大きな牛の角の上に、黒く煤けた猿の頭蓋骨がのっている。頭の周りには赤と黒に染められた山羊の毛が逆立って添えられて、とてもおしゃれに決まっています。

先ほど牛と書きましたが、「ミタン牛(Mithun)」と呼ばれる牛の仲間の動物の角であるかも知れません。普通の牛は草を食べますが、ミタン牛は木の葉などを食べるので、ジャングルにいるそうです。家畜として飼われていたり、祭りでは生贄として捧げられています。タイガー、サイチョウと並んでナガ族にとっては、特別な動物になります。

ナガ族の帽子の角やネックレスのスカルに付けられた角は、「ミタン牛」を表しているようです。

籐でシッカリ固定されています。

高さは約195mm。幅が約370mm。厚みが約80mm。

重さは590g

¥ 130,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する