ナガ族の熊の毛がついた顔つきヘアピン 0109-SG114

毛の房がついた側に、キノコのようにヒョッコリ突き出た箇所があります。よく見ると、顔が彫られている。映画「もののけ姫」の「こだま」みたい。

狩った首を表すためのネックレスをするナガ族のことだから、自分の頭につけるヘアピンのこの顔には、かわいいアクセントだけではない、彼らのアニミズム(精霊信仰)の想いを表しているかもしれません。

手のひらの大きさとか、顔がついた出っ張りを考えると、倍くらいの太さの骨から、削り出していることが分かります。

とろとろ状態の風合いに緩いカーブを持った骨とシャープな熊の毛の組み合わせ。同系色で一見地味なようで、突起した顔がイキに決まっています。

全体の長さは約370mm。骨の部分の長さは約220mm。
手ひらの幅が約40mm

重さは50g

¥ 40,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する